インプラント治療のご案内

インプラント治療

歯が抜けてしまった場合の治療法として、従来の入れ歯やブリッジに代わって広く普及してきた治療法で、あごの骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を被せます。日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医である当院院長が、確かな知識・技術に基づいた治療を行います。

あごの骨が細かったり、骨の量が少なかったり、また骨質が悪いために他院で手術を断られてきた患者様が多く来院され、当クリニックで上手く治療でき、良好に咬み合わせが回復しています。近々当サイト上で、そのお喜びの声をお披露目できる予定です。治療計画を立て、お見積もりをご提示させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

インプラントは第2の永久歯

インプラント治療は、歯が抜けてしまった部位のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工歯を装着する治療です。現在、失った歯の機能を回復するための最も優れた治療法だと言われ、「第2の永久歯」として多くの方に選ばれています。

インプラント治療のメリットは「審美性」と「機能性」。ともに自然の歯に非常に近い歯を再現できます。食感はもちろん、あごに伝わる感触まで自然に近いものを得られます。またセラミックでできた人工歯は審美性に優れているため、自然な見た目が実現します。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
・安定した咬み合わせを保つことができる
・失った歯の数が多くても、ある程度は咬み合わせる力が回復する
・自分の歯のようにきれいにできる
・適切なケアを行えば数十年保つことが可能

デメリット
・ある程度、治療期間が長くなる(術式や症状により短期間で治療が終わることもあります)
・健康保険が適用されないため、費用が比較的高額になる
・インプラントを埋入して終わりでなく、長持ちさせるためには丁寧なメインテナンスが必要になる

当院のインプラント治療が安全な理由

当クリニックでは、日本口腔インプラント学会の専門医である院長が、確かな知識・技術に基づいたインプラント治療をご提供しています。 日本口腔インプラント学会の専門医とは、日本口腔インプラント学会が認定しているインプラント認定医制度で、インプラント治療を行うにあたって、充分な技術力がある場合に認定されるものです。この資格を取得しているということは、 技術力があるということになります。 歯を失ってしまってお悩みの方は、当クリニックにお気軽にご相談ください。

入れ歯のご案内

患者様に最適な入れ歯を

歯を失ってしまった場合の選択肢としては、インプラントの他に「入れ歯」があります。古くから行われている入れ歯治療は手術の必要がなく、短期間で治療が終わるのが大きなメリット。「インプラントにはちょっと抵抗がある……」という方にはおすすめの治療法です。 ?

入れ歯は、素材や機能によって保険治療のものと自費治療のものがあり、それぞれで費用が異なります。「外れやすい」「着け心地が悪い」といったイメージのある入れ歯ですが、自費治療のものであれば精度の高いものが多く登場しています。 当クリニックでは、患者様のお口の状態やご希望、ご予算を踏まえたうえで、最適な入れ歯をご提案しています。

入れ歯が初めてという方も、今使っている入れ歯が合わないという方も、どうぞお気軽にご相談ください。

保険と自費の違い

保険の入れ歯は使える素材がプラスチックに限定されるため、着け心地や見た目の面で十分でないことがありますが、費用が安いのが特徴です。一方、自費の入れ歯は費用が高額になりますが、使える素材に制限がないため着け心地においても見た目においても満足度の高い入れ歯が手に入ります。

 

保険の入れ歯

自費の入れ歯

メリット

・保険が適用されるため費用が安い
・短期間で完成する

・装着時の違和感が少ない
・強度に優れている
・噛み心地が良い
・自分の歯に近い色・形で作製できる
・金属を使うものは、食べ物の温度や味が伝わりやすい
・外からバネが見えないタイプのものを選べば、入れ歯をしていることが分かりにくい

デメリット

・装着時に違和感が生じる場合がある
・自費の入れ歯より強度が劣る
・食事によっては食べにくいものがある
・バネが見えたり、他の歯とのバランスが悪かったりして、目立つことがある
・食べ物の熱が伝わりにくいため、温度や味を感じにくい

・保険が適用されないため費用が高い
・できるまでに時間がかかる

ご予約はお電話にて承ります。

ページ上部へ戻る