小児歯科のご案内

このようなお悩みやご要望はありませんか?

小児歯科

子供が虫歯にならないためには食習慣が非常に大事。食習慣を改善するだけで、虫歯の発生をかなり抑制できます。当クリニックでは、生涯にわたって虫歯と縁のない健康な歯を維持していただくために、お子様のうちからフッ素やキシリトールの正しい使い方をお話ししています。治療が必要な場合も、無理強いは行わず、段階を追って恐怖心を植えつけないよう、やさしく対応。歯医者に行くのが楽しみな子供たちになるでしょう。

健全な歯列発育には秘訣があります。口腔周囲筋の健全な発達がないと、どんなに歯並びを矯正しても、装置を外すとすぐに後戻りしてしまいます。矯正治療を行う前に口腔周囲筋や舌筋のトレーニングが必要です。これがなされてないと必ずと言っていいほど矯正治療は失敗します。お子様の歯並びが気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。歯を抜かない矯正治療は、小学校の低学年から取り組まなくてはならないのでご注意ください。

大切なお子様の歯を守りましょう

歯は、虫歯や歯周病などになってから「治療」するのではなく、病気になる前の「予防」が一番大切。「子供の歯はどうせ生え変わるから乳歯のときは虫歯になっても治療すれば大丈夫」とお考えの方も少なくないと思います。しかし、この幼少期に徹底したケアをすることが、今後永久歯に生え変わった際にも、虫歯になりにくい歯質をつくることになるのです。生涯にわたり口腔内環境を守るために、この時期に何をすべきか正しい知識を得ることが重要です。お子様の健康な口腔内環境は、ご両親と私たち歯科医院が協力してつくっていくものです。

虫歯の原因

image

虫歯は、細菌感染によって起こります。細菌は、飲食した食べ物から栄養をとり、酸をつくります。この酸によって歯が溶かされてしまった状態が虫歯です。人の体には、酸と闘おうとする抵抗力があり、唾液にその力があります。しかし、酸にさらされる回数が多かったり時間が長かったりすると、酸との闘いに破れ、虫歯になってしまいます。虫歯のメカニズムは、つまり細菌と体の抵抗力の闘いとも言えるのです。

虫歯の予防方法

フッ素塗布

image

歯質を強化する効果を持った「フッ素」を歯の表面に塗布し、虫歯に強い歯にします。まだ虫歯になりかけの歯であれば、フッ素塗布治療を行わずに治癒することもあります。

シーラント

image

生え変わってすぐの永久歯の奥歯の溝は複雑です。その深い溝に食べかすなどが入り込みやすく、虫歯になってしまうお子様がたくさんいます。そうなる前に、奥歯の溝に樹脂を詰めて虫歯を予防するのがシーラントです。

歯みがき指導

image

毎日しっかり歯みがきをしているつもりでも、一人ひとりの歯並びやお口の状態に合ったみがき方をしなければあまり意味がないです。お口の状態を調べてから、お子様に合った正しい歯みがき方法を指導します。

ご予約はお電話にて承ります。

ページ上部へ戻る